旅の苦労は金で買え

もう人生も折り返しだし、若いころできなかった一人旅の苦労を買ってでもしてみた記録とか

若い頃にはバックパッカーにあこがれていたものの、願いかなわず気が付けば人生折り返し。

いまさらバックパッカーになれるほど自由があるわけでもないけど、それでも深夜特急を読み返すたびに血沸き肉躍る日々。でも若いころと比べればカネはある。だから、すこーしだけお金を使ってホットシャワーと広めで清潔そうな部屋が確保できる程度の贅沢をしつつ、敢えてほんのすこし苦労してみる旅をした記録とか思い出、覚書などを投稿します。一人旅は寂しいけどいいよねー。

気が向くと 4travel に旅行記として掲載してますが、結構面倒だったりしてほんの一部ですが。
http://4travel.jp/traveler/junichia/

プラハ・カレル橋のたもとにあるおすすめの宿

あこがれて、あこがれて、あこがれて訪れたプラハ 写真はプラハ中央駅。

f:id:junichianno:20160807223539j:plain

どこに宿をとるかは、生死にかかわる問題ですwww いや、まじで。

個人的な感想で恐縮ですが、プラハは最高です。

特にカレル橋から旧市街広場への道のりは、石畳でちょっと歩きずらいけれど、狭い路地の両側にそびえる中世の建物。

f:id:junichianno:20160807213454j:plain

路地を抜けてパッと開けた広場の左手にはカラクリで有名な天文時計。

f:id:junichianno:20160807211629j:plain

毎時のカラクリ人形登場時は、時計の麓は死ぬほどの混雑だけどww

f:id:junichianno:20160807212004j:plain

その先に広がる旧市街広場!これが見たかった!

f:id:junichianno:20160807212204j:plain

最高だ!最高だよプラハ!

夜はこんな感じで、これも最高。

f:id:junichianno:20160807212352j:plain

見てください、この奥の悪魔城感www。手前の教会でHP完全復活していかないと死にそうです。超いい感じなんですけど。

f:id:junichianno:20160807212502j:plain

そんなプラハに滞在するにあたり、どの宿が最高なのか?

私見ですが、お勧めは一択。こちらです。

Studio カレル モスト。

ここ、一風変わった宿でしたが、ほんとよかったです。

場所はカレル橋のふもと。場所がちょっとわかりずらいんです。

f:id:junichianno:20160807214752p:plain

現地に行くまでは楽勝なんです。空港から地下鉄を乗り継いてカレル橋にくるだけです。

で、カレル橋に着いて、はたしてどこに宿はあるのか?

ずばり、中世拷問博物館をめざしてください。

博物館横に、通り沿いのアーケードがありますよね。

アーケードを入るとすぐ右手に銀色の扉のエレベーターがあります。

ここが宿の入り口です。

扉には、Karluv most と書かれています。

ただ、エレベーターは開きません。秘密の鍵が必要なんです。

鍵を持っているのは宿のオーナーのみ。

ここで宿のオーナーに電話なりインスタントメッセージで連絡します。

そういう意味では、どこかで SIM を購入したほうがいいですね。そのためには、SIMフリーの携帯を持っている必要があります。

I'v just arrived at front of elevator. とか、適当な英語でOKです。折り返し電話がかかってくるかと思いますが、オーナーの女性は英語の発音がとてもきれいなので、とてもわかりやすいです。しかも美人というwww

事前に時刻を伝えてあると思うので、その時間前後ならばオーナーが部屋で待機してくれています。

もし事前に伝えた時刻よりも早い時間ならば、近くのバーでビールでも飲んでゆったりしましょう。アーケードをくぐったところにあるスメタナ像周辺はバーが並んでいます。ついでに、スメタナ像はポケストップでもありますwww あ、ご存知かと思いますが、スメタナといえばモルダウ。当然、カレル橋はモルダウにかかる橋です。なんか、ちょっと感動的ですよねww

f:id:junichianno:20160807221413j:plain

ここ、ホテルというよりは、部屋貸しですね。Air BnB 的な。

なので、鍵を受け取ったら、部屋は自分たちのもの。

まさに天国です。

見てください。このゆったり感!

ベッドに寝転がると、はるか向こうにキッチンが見えます。

f:id:junichianno:20160807220105j:plain

キッチンはこんな感じ。

f:id:junichianno:20160807220256j:plain

きっと、古いアパートメントの屋根裏部屋的な感じでしょうかね。明るくて素敵!

キッチン側からベッド方面の景色。ちょっと汚くてすんませんww

f:id:junichianno:20160807220419j:plain

バスルームが以下。いい感じですよね。

ただ、難点が1つだけwww 風呂場の扉が無いんですよwwwww

一人旅とかカップルなら問題ないでしょうけど、グループだとちょっと厳しいかなぁwww でも、いい雰囲気ですよ。

f:id:junichianno:20160807221139j:plain

そして、何よりも素晴らしいのはテラス! 当然、ここで喫煙可能です。

f:id:junichianno:20160807221702j:plain

ここから見える景色は限定的ではありますが、素敵ですよ~。

これは、テラスからカレル橋方面の景色。

右上の塔はカレル橋の入り口にある塔です。

f:id:junichianno:20160807221859j:plain

これは朝方の風景だったかな。テラスから南方面の景色です。これだけでも、プラハ!って感じですよね。

f:id:junichianno:20160807222131j:plain

f:id:junichianno:20160807222614j:plain

f:id:junichianno:20160807222658j:plain

で、極めつけはこれ。

部屋の小窓からの景色です。

f:id:junichianno:20160807222816j:plain

”絵画”じゃいないんです。窓からの景色なんです!

すごくないですか ?

街の風景を描いた水彩画じゃないんですよ。

せっかくなので、水彩画風に加工してみました。雑ですけどww

f:id:junichianno:20160807222928j:plain

私はこの宿に2泊しかしていませんが、毎朝目が覚めると窓からこの景色が見られるんです。

ほんと、最高です。

窓から乗り出すとこんな感じ。

f:id:junichianno:20160807223109j:plain

ついでに、こちらも水彩画加工。絵になるわぁ。最高です。

f:id:junichianno:20160807223207j:plain

この宿、カレル橋のたもとにあるわけですが、これって地理的にすごく優位なんです。

なぜなら、日中はカレル橋は超混雑します。写真からじゃわからないかなぁ。日中の品川駅とか東京駅を思い浮かべてくださいwwwwとにかく混雑しています。

f:id:junichianno:20160807223718j:plain

 それが、朝一のカレル橋はこんなかんじ。時刻はAM 9 時位でしょうかね。以下は、橋の入り口。

f:id:junichianno:20160807223926j:plain

橋の上もこんな感じで、ガラガラ。ゆったりと写真を撮ることができます。

橋の中央にあるマリア像は、ポケモンのジムにもなっています(どうでもいいかww)。

f:id:junichianno:20160807224053j:plain

こんな快適なカレル橋を味わえるのも、この宿ならではのメリットです。

プラハの宿泊を検討される方にはお勧めします。

ちょっと競争率高い宿なんですけどね。