旅の苦労は金で買え

もう人生も折り返しだし、若いころできなかった一人旅の苦労を買ってでもしてみた記録とか

若い頃にはバックパッカーにあこがれていたものの、願いかなわず気が付けば人生折り返し。

いまさらバックパッカーになれるほど自由があるわけでもないけど、それでも深夜特急を読み返すたびに血沸き肉躍る日々。でも若いころと比べればカネはある。だから、すこーしだけお金を使ってホットシャワーと広めで清潔そうな部屋が確保できる程度の贅沢をしつつ、敢えてほんのすこし苦労してみる旅をした記録とか思い出、覚書などを投稿します。一人旅は寂しいけどいいよねー。

気が向くと 4travel に旅行記として掲載してますが、結構面倒だったりしてほんの一部ですが。
http://4travel.jp/traveler/junichia/

船に乗れる散歩道:ソレント港~カプリ島~ナポリ港

f:id:junichianno:20160503124525j:plain
ソレント港の高台から。ここからソレント港に降りていく長い階段から絶景が望める

旅の交通手段は基本的に徒歩ですが、町から町への移動は電車かローカルバスを使用することになります。

東南アジアなんかだと河を船(というより舟)で渡らないと先に進めないなんてこともありますが、それでも船を使うことは珍しいです。特に海上の船なんてめったにない。だから船に乗れるシチュエーションになると、恥ずかしながらテンションが超上がります。

これまでの旅で一番思い出に残っている船の散歩はソレントです。このときの工程は以下の通りです。

08:20 ナポリ駅~(電車)~ 9:00 ポンペイ駅、ポンペイ散策
13:00 ポンペイ駅~(電車)~14:00 ソレント駅
14:00 ソレント駅~(徒歩)~14:15 ソレント港
14:15 ソレント港~(船)~ 15:00 カプリ島、散策
17:00 カプリ島~(船)~18:00 ナポリ

 朝 8:30に NAPOLI GARIBALDI 駅を出てポンペイに向かいます。

f:id:junichianno:20160503132440j:plain

写真を見るとこぎれいな電車。でも、なんとなく心をざわつかせる雰囲気を持つ。その理由は。。。以下w

f:id:junichianno:20160503133156j:plain

30分程度でポンペイ遺跡のある POMPEI SCAVI 駅に到着。ポンペイ遺跡は駅から専用の通路を歩いて5分程度です。この壁の向こうに広大なポンペイ遺跡が広がっています。わくわくがおさまらないw

f:id:junichianno:20160503133636j:plain

長くなるので省略しますが、ポンペイではたっぷり3時間散策。それでもまだまだ見足りないくらい広いです。でも暑さと疲れでギブアップ。足元が石畳なので、疲労度が高いのです。

f:id:junichianno:20160503150755j:plain

 さて、再び電車でナポリに戻るかなぁ。ふと地図を見ると、知っている地名がある。ソレント?あの麗しのソレント?

思い立ったが吉日。よし、ソレントに行ってみよう。

電車で1時間弱、ソレントに到着。ナポリ駅とは比較するべくもなく綺麗。ナポリ駅前のような、そしてローマ駅やミラノ駅のような、あの不穏な雰囲気が皆無ですw。青い空と白い雲はソレントのためにあるのだなぁ。。と。 

f:id:junichianno:20160503151433j:plain

 ソレント駅で地図を広げると、離れたところに小島がある。カプリ島?あれ?これも聞いたことあるな。行けるのかな?

ソレントは崖っぷちに建つ街。港方面に歩き出すと、港に向かって続くつづら折りの道路が。

f:id:junichianno:20160503151935j:plain

歩いていきたいけど、ここを降りるのかなぁ?と不安になる間もなく、すぐ横に遊歩道階段があることに気づく。

階段の途中からソレント港を望む。きれいですなぁ。 

f:id:junichianno:20160503152113j:plain

ソレント駅から15分程度でソレント港に到着。重い荷物もないしタクシーを使うまでもありません。遊歩道ならばこんなきれいな景色も見られるし。

ソレント港からソレントの街を見上げる。ほんと崖っぷち。それにしても水がきれいだ。

f:id:junichianno:20160503152341j:plain

港に行ってみれば難なくカプリ行の船が見つかり、乗船。

f:id:junichianno:20160503152558j:plain

青い空と白い雲、そして真っ青に済んだきれいな海。その中を船で移動する。。。最高の贅沢だぁ。

40分程度でカプリ島に到着。

観光地となる街は山の上らしい。ということで、島の頂上までケーブルカーで移動。他にリフトもあるらしいですが、このときは知らなかった。残念。

f:id:junichianno:20160503152911j:plain

山頂からの景色も最高。

f:id:junichianno:20160503153315j:plain

しばし島を散策。

でも、あまり記憶にないんですよ。なんだろう。おしゃれな場所だったからかもしれないww 小さなブティックや土産物屋がひしめいていて雰囲気は良いです。

f:id:junichianno:20160503153513j:plain

路地がいい雰囲気。ふと尾道を思い出した。

f:id:junichianno:20160503153549j:plain

見晴らしの良いカフェでお茶をして、再び港まで降りてくる。

さぁ、問題はどう帰るか。

ソレント駅まで、あの崖を登っていくのか?妥協してタクシーを使ってしまうか?

うーむ。。。と悩んでいると、あれ?船の乗船券売り場にナポリ行っていう表示が見える。「ナポリに行けるの?」と聞くと、15分後に出発とのこと。

まじかー!!超うれしい!船で帰れるなんて夢のようだ!

夕日に照らされるカプリ島を後にし、海上を一直線にナポリへ。

f:id:junichianno:20160503153901j:plain

乗船時間は1時間程度。快適な船旅です。やっぱ船はいいなぁ。

前方には夕日に照らされるナポリの街。こうしてみるときれいなんだけどねぇ。実際はゴミだらけで汚い。

f:id:junichianno:20160503154157j:plain

到着したのは王宮やヌオボ城のある辺り。

f:id:junichianno:20160503154652j:plain

ここからホテルのあるナポリ駅までは、30分くらい歩いたと思います。タクシーでもいいんですけどね。歩くと街の生の雰囲気が感じられるので、好きです。

と、こんな1日。

歩き、電車、船、ケーブルカーと多彩な移動と景観を楽しめるお勧めコースです。